フレーム調整についてのお願い

 
当店の技術がまだまだ未熟と承知の上でのお願いです。
 
 
ご購入いただいた新品のフレームも、お持込みのフレームも、
どちらも “2回” 調整させていただきたいのです。

最初の調整から丸2日程度 実際に掛けて使っていただいた後、
誠にご足労なのですが、もう一度調整させていただきたいのです。

理由は、
フレームの材質・形状にもよるのですが、一度の調整では精度が出にくいのです。
・熱して曲げたプラスチックの曲げ戻り。
・実際に動いて(咀嚼など)使用することによる骨格との差異。
 
 
使ってみて全く気になる箇所が出てこなければ、もちろんお越しいただく必要はありません。
そうでない場合は、ご面倒をお掛けすること重ねてお詫び申し上げます。

しかしながら、
Barcaのフレーム調整における大事なコンセプトが、ここにあります。

以前から自分自身なんとなく感じてはいたのですが、先日あるお客さまと話していて はっきり気づきました。

眼鏡の調整とは、
“フィッティング” よりむしろ、”チューニング” に近い。

楽器の調律をイメージください。
より良い音色を出す為に、楽器・奏者・調律師 が存在する。
その為には、
2回と言わず3回でも4回でも微調整を続けます。
 
 
眼鏡を掛けられる全員が、眼鏡という道具にそこまでの精度・快適性を求めないかもしれません。

ただ、Barcaという眼鏡店は、店主である私の性格も相まって、
眼鏡という道具が掛けるその人にとってより快適であり、より気分を上げる道具としてお使いいただけるよう、今後も突き詰めて参ります。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です