Captare ★ Pick up !

 
☆店舗の移転☆
 2018年8月1日より、下記へ移転しました。
 
 札幌市中央区北1条西7丁目1−16 難波ビル1F
 
(*表の店名を変えています。Barcaは奥にあります。)
 ☆新店舗の体制について
 
 
 
1月の休業日は、
 10日(木) 22日(火) 23(水)  29日(火)  です。
 
 
不規則で申し訳ありません。ご確認願います。
 
 
 
 – BRAND LIST –
 – レンズ価格 –
 – 鼻盛り –
 
 
 
2019年より、
(ちょっとふざけたw) Instagram スタートしてます。
https://www.instagram.com/barca.oyoyo/
 
 
 

鼻盛り- MAX

目一杯の 鼻盛り(セルフレームの鼻あて交換)を紹介します。
 
 
 
 
 
 
眼鏡 - 鼻盛り

眼鏡 - 鼻盛り

眼鏡 - 鼻盛り

眼鏡 - 鼻盛り
 
 
 
 
 

< Before >
サングラス - 鼻盛り
 
 
< After >
サングラス - 鼻盛り
 
 
 

元々の鼻あてを斜めに削り、出来た平面に新たな鼻あてを接着しています。
削る角度の微調整により、2つの鼻あての間の幅を変えます。
角度次第なので、自在にその人の鼻にあわせ、希望の位置に持っていくことが出来ます。
この方法は誰からも教わってないオリジナルなもので珍しいと思います。(通常は、パーツ自体の大きさを変える)

上の写真は、つけれる角度のMAXです。( 工賃:1,000円 )
これ以上 フレームを上に上げたり、目からレンズを離す場合は、一度接着した鼻あてを再度削り平面を出し、その上にさらに接着するという「アイスクリームの2段重ね」のようなことをします。( 工賃:2,000円 )
ただ、残念ながら仕上がりの見栄えは、良いとは言いかねます。。
 
 
 

鬼雪割り

本日、お休みをいただいてたのですが、暖かさに釣られて出てきました。笑
 
 
なぜって?

気温が0度を越え上がると、『雪割り』日和だからです♪
 
 
 
 
 
 
 
鬼雪割り
 
唐突ですが、私 雪割りが好きです。

私にとっては、眼鏡の調整と同義なんです。

自分が好きなことをやって、人に喜んでもらえる。

やってる最中、無心になれる。 仕上がった時の「キチッ」と感。

ストレス発散です。笑
 
 
 

1月の休業日

 
1月の休業日は、 10日(木) 17日(木) 22日(火) 23(水) です。
 
 
不規則で申し訳ありません。ご確認願います。
 
 
 
2018年10月より営業時間を若干変更しております。

 「祝日は曜日通り」 → 「日・祝 18:00 まで」
 
 
店の都合でホームページの修正が滞っております。
ご迷惑をお掛けしますが、重ねてご確認をお願い申し上げます。
(さあ、年も変わったし、きっちり修正します!!)
 
 
 
 
P.S.
ノルウェーのブランド、KARMOIE(カルモワ)より、
ちょっと遅れて クリスマスカードが届きました☆
 
 
 
 
Xmasカード&チョコ - 2018
 
(裏面)Xmasカード - 2018
 
 
差出しの消印は『12月18日』。
移転前の住所宛てで転送もあったせいか、今日届きました。
でも嬉しいですね♪
金粉チョコも美味しかったです♪♪
 
 
 

新年

明けましておめでとうございます。
 
 
今年の抱負。
 この人生、面白く。
 仕事も、家族も、遊びも、全うしたい。
 
 
皆さまは、どんな抱負をお持ちですか?
 
 
機会あれば、ぜひ教えてください。
 
 
お互い、良い一年にしましょう。
 
 
 
 
 
 
Barca店主 - 2019
 
 
 
 
P.S.
インスタ、OPENしました。

https://www.instagram.com/barca.oyoyo/

耳フェチの方々に愛を込めて、、

 『 #耳裏 』

流行らせたい♪♪笑
 
 
 

仕事納め

本日30日で、2018年の営業を終了いたします。

今年は8月に、店の移転という大きな節目がありました。

大きな通りに面するようになり、人・車の往来は格段に増えました。
が、
眼鏡屋という業態、そんな簡単に新しいお客さまが入ってきてくださるわけもなく。。

結果、7年の間に出会った馴染みのお客さま方に支えられた感、満点です。

本当に、ご支持いただき ありがとうございます。
 
 
2019年も、
まずは元気に毎日 店を開けられることを第一に。
眼鏡を通じて、より皆さまのお役に立てるよう努めて参ります。
 
 
新年は 1月3日より営業いたします。
 
 
どうぞ、引き続き宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
P.S.
2019年より、
散々毛嫌いしてきた SNS(Instagram)をスタートします。
ただし、
実にらしいネタっぽい内容の予定♪笑

OPENしたら、またお知らせします。^^
https://www.instagram.com/barca.oyoyo/
 
 
 

冬円山

本日は、眼鏡まったく関係ない話題です。
 
 
 
私、先日宣言した通り、本当に朝の円山登っております!笑
 http://barca-oyoyo.com/informazioni/?p=8579
 
 
布団から出るのは、ほんと寒くて大変。><
でも、頑張って着替えて、外に出て、
軽く走り出せば、5分そこらでポカポカしてきます♪
 
 
 
 
 
 
(以下、先日の円山です。)
冬円山
 
 
 
冬円山
 
 
 
冬円山
 
 
 
冬円山
 
 
 
冬円山
 
 
 
冬円山
 
 
 
ご覧の通り、この日は本当に天気が良くて。

去年・今年と夏場は数え切れないくらい登ったのですが、ここまで空気が澄んで遠くまで見渡せたのは初めてです。

(写真の遠景の山々は石狩方面。 おそらく暑寒別岳あたりだと。)

しかも、
頂上であまりに気分が良かったので、両手を上げて伸びをしていたら、
シジュウカラ(ヒガラ?)が3羽続けて指先に止まったんです!!!!

リスは個体によってやたら人慣れしてますが、小鳥なんて初めて!!

めちゃめちゃテンション上がりました♪♪
 
 
 
 
(画像拝借スミマセン!)冬円山 
 
 
 
「雪山、恐い。」というイメージを持っていますが、
なんとなくはまる方々の気持ちが初めて少しわかった気がしました。。
 
 
 
以下、冬円山の諸情報です。

私が想像してたより、毎朝ずっと沢山の人が登っていました。
(平日8時すぎ、悪天候でない日、10人くらいとすれ違います!!)

なので、かなり夜に雪が降った日でも、8時すぎにはしっかり圧雪状態になってるんです。笑

全然歩きやすいです。

『アイゼン』必要かな、と思っていたのですが、今のところ使わず通常の防水トレッキングシューズだけで、登れて降りれています。
(暖かく解けて滑りやすい日は経験しましたが、解けて急激に冷えた完全アイスバーンは未経験!!)

とはいえ、登りは問題ないですが、降りは油断したら一発でコケます。

ただ、大きく滑り落ちる危なそうな場所は数箇所しかないので、そこだけ細心の注意を払えば、そこまで危険は感じません。
 
 
 
こんな感じで冬も朝活のリズム出てきました♪
 
 
ここで宣言しておきます。

この冬、私 太りません!笑

(まあ、たいしてやせもしないと思いますが。笑笑)
 
 
春にまたご報告します♪♪
 
 
 

  
P.S.
Barcaにも『paypay』の導入キットが届きました。
paypay導入キット
 
今頃かよ!!!笑
すぐにpoypoyだろ??!笑
 
 
 

Eque.M – 新作追加

引き続き、秋の展示会で発表されたモデルが入荷中です。
 
 
 
 Eque.M(イークエ エム)
 
 Mai 舞 (DSB 49□21) ¥50,000 (+tax)
 
Eque.M - Mai

Eque.M - Mai

Eque.M - Mai

Eque.M - Mai
 
 
 
 
 
 Mai 舞 (MG 49□21) ¥50,000 (+tax)
 
Eque.M - Mai

Eque.M - Mai

Eque.M - Mai

Eque.M - Mai
 
 
 
 
 
 Byakko 白狐 Ⅴ (SLG-G 49□21) ¥50,000 (+tax)
 
Eque.M - Byakko Ⅴ

Eque.M - Byakko Ⅴ

Eque.M - Byakko Ⅴ

Eque.M - Byakko Ⅴ
 
 
 
 
 
 Junihitoe 十二単 (QB 52□21) ¥52,000 (+tax)
 
Eque.M - Junihitoe

Eque.M - Junihitoe

Eque.M - Junihitoe
 
 
 
寸評いきます。
 
■Mai
安定感のある型に見えます。縦横比がいいんですかね。
DSBカラーは、光の当たり方によって色の見え方がずいぶん変わります。
MGの方は、あまり変化しません。
個人的にですが、マットのガンメタルってあまり見ない色ですが、好きです♪
テンプルエンドの細工は、見た目だけでなく、掛け具合にも良い影響あり。
 
 
■Byakko Ⅴ
見ていただき、なんとなく分かると思うんですが、
丸でなく、もちろん四角とも言わず、繊細で独特の型になってます。
この枠の感じで 横に厚みを持たせることにより、さらにいい雰囲気増し。
このモデルは透明なレンズより、やはり薄めのカラーを入れて使うのをお勧めします。
 
 
■Junihitoe
モデル名通り、凝った作りになってます。
裏側も、鼻あてから何から実にキレイで丁寧な作り。
まさに今回のブランド名変更にあわせ、さらなる海外進出を目論む上での フラグシップなのでしょう。
 
 
 

new ブランド

立ち上げて間もない、新しいブランドのフレームが到着しました。

 Be Gold(ビーゴールド)

イタリア・ヴェネツィア発。
当地の伝統的な貴金属加工の技術を受け継ぐ職人たちの手によります。
特にこだわっているのは、24K pure Gold や Palladium によるプレート仕上げの美しさ。
 
 
 
 
 
 107 (White gold 48□22) ¥48,000 (+tax)
 
Be Gold - 107

Be Gold - 107

Be Gold - 107

Be Gold - 107
 
 
 
 
 
 107 (Rose gold 48□22) ¥48,000 (+tax)
 
Be Gold - 107

Be Gold - 107

Be Gold - 107

Be Gold - 107
 
 
 
手始めとして、
手に取りやすいデザインのフレームを選んでみました。
丸すぎず、垂れすぎず、ほど良いサイズ感。
ブリッジ部の主張の小さいアクセントも好きな感じです。

極めてシンプルなデザインですが、日本のフレームメーカー、及びそれを並べる小売店の『 ヴィンテージ レプリカ 』一辺倒の流れに食傷気味、という方にこそ比べていただきたい “本物感” があります。