新着 – TVR

引き続き新着フレームを紹介します。
 
 
 
 TVR(True Vintage Revival)
 Arnel (Antique Brown 45□22) ¥32,000 (+tax)
 
TVR - Arnel
TVR - Arnel
TVR - Arnel
 
 
こちらのフレームは、今期の新型でも新色でもありません。
先月の東京での展示会にて、初めて実物を目にしたもので仕入れてみました。
こういった繊細な色味のフレームは、画像だけで仕入れるのが難しくてですね。^^;
以前も紹介した “芯なし”の “セルロイド”フレームです。
 2017.06.12「ド定番」
当然、個人の価値観に差はあれど、これを見て “美しい”と感じる方もきっといると思います。
 
 
 
 
 
それにしても猛烈に寒いですね!!!
昨日から景色が一変。><
昨年の忘備録を見返すと、11月24日に 気温 最高-0.6℃、最低-6.8℃、となっていました。
北海道人の感覚としては、
 「どうせ冬が来るのは諦めてるから、せめて少しでも短い期間にしてくれ。。」
ここは皆一緒ではないでしょうか。;;
 
 
オヨヨ通り雪景色 - Barcaの窓より 2017.11.19
オヨヨ通り雪景色 - Barcaの窓より 2017.11.19

( オヨヨ通り – Barca前 )

 
 
皆さまご承知のことと存じますが、、
どうか足元、体調の変化にご留意ください。
 
 

冬用(?)サングラス

新着のサングラスを紹介します。
 
 
 
 MYKITA(マイキータ)
 Yuka (Lemon Sorbet/Glossy Gold 51□21) ¥49,000 (+tax)
 
MYKITA - Yuka
MYKITA - Yuka
 
 
なかなか繊細ですが、可愛いポイントの多いサングラスです。
まず注目頂きたいのが、色味。
フレームカラー:Lemon Sorbet(レモンシャーベット)
レモンと言っても、黄色味は一切ありません。 半透明で、まさに果汁から作ったレモンシャーベットの感じを思い浮かべてみてください。 なんとも微妙で繊細な感じの色でしょ?
これを正式なカラー名称として持ってくるんです。なんともニクい表現を使うメーカーだと思いませんか?
レンズカラー:Smoke Brown(スモークブラウン)
グレーとブラウンの中間色ということでしょうね。 濃度は50%ちょいくらいでしょうか。 そこに軽く反射するハーフミラーコートが施されています。
これまた実に淡く繊細な色味で、フレームカラーと絶妙に合って見えるんです。
ここは北海道。 雪景色に映えそうな感じがするのは私だけでしょうかね?♪

モデル名の “Yuka” に特別な意味はないそうです。 今シーズンのモデルに、たまたま日本の人名が使われているだけなんです。
でもなんか可愛い感じで、気分上がりませんか?☆
 
 

夢の終幕

今日は眼鏡と全く関係ない話題です。
ご興味のない方はどうかすっ飛ばしてください。^^;
( 松田優作ばりの「なんじゃこりゃあ!!」かもです。^^;; )
 
 
 
先月末に続き、プロ野球の話題です。
 
日本シリーズが終わって2週間ほど経ちました。
もうずいぶん前の気がしますね。
 
実は私、11月1日の第4戦、札幌から弾丸で横浜スタジアムまで応援しに行ってきました。
贔屓のベイスターズが初めてクライマックスシリーズを突破して、居ても立ってもいられず!!^^;;
 
横浜まで応援しに行くのは前回優勝した年 以来19年ぶり。 日本シリーズ自体の観戦は生まれて初めてでした。
自チームが勝った試合というのもありますが、とにかく大興奮&大満喫して帰ってきました。
(以下、横浜スタジアムにて。)
 
 
横浜スタジアム - 2017日本シリーズ第4戦
 
横浜スタジアム - 2017日本シリーズ第4戦
 
横浜スタジアム - 2017日本シリーズ第4戦
 
横浜スタジアム - 2017日本シリーズ第4戦
 
横浜スタジアム - 2017日本シリーズ第4戦
 
 
 
 
 
日本シリーズの結果は残念ながら敗れてしまいました。
ですが、長いドン底を嫌というほど味わってきた いちファンとしては、本当に夢のようなポストシーズンを過ごさせて頂きました・・。
 
特に各所で触れられていますが、チームを率いたラミレス監督のことを、同世代ながら心から尊敬しています。
短期決戦での戦略家としての能力はもちろんですが、それ以上に長いシーズンを通して実践されてきたその人心掌握術をです。
ずっと見てきたファンだから言いますが、ベイスターズというチームは、ホークスとあんな好勝負をするチームでは決してありません!!! いや、ありませんでした!!
組織戦におけるリーダーの存在の大きさというのを改めて感じます。
 
2017日本シリーズ - 工藤監督・ラミレズ監督
 
 
 
 
 
終わりに、
僭越ながら、遠い後輩にあたる 東 克樹 選手が新たに入団されました。
そらあ、応援しないわけがないじゃないですか!!!^^
 
東克樹 選手
 
 
 
来年の夢の続きに期待しつつ、
自らもこの良い刺激を糧にしっかり仕事に励もうと誓う次第です☆
 
 

提案

*昨日の投稿に追記があります。ご確認願います。
 
 
 
丸メガネが流行って久しい昨今ですが、次のネタを探してらっしゃる方はいませんか?^^
” 小ぶりな ティアドロップ ” を サングラスではなくメガネで掛ける、なんてのはいかがでしょう?☆
 
 
 
 
 Zparts
 Z-120 (TI 52□19) ¥26,000 (+tax)
 
Zparts - Z-120
Zparts - Z-120
 
 
 
 Zparts
 Z-120 (G 52□19) ¥26,000 (+tax)
 
Zparts - Z-120
Zparts - Z-120
 
 
上のシルバーはメッキ塗装ではなく、無垢のチタンなんです。
極めてシンプルですが、細部のつくりは折り紙つき。
その上、この価格。 これぞ、JAPAN MADE です。
下のシャンパンゴールドには、薄い茶色のレンズを入れてみました。
ぜひ女性の方にもお試しいただきたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
松田優作 - ティアドロップ
お父さんとまではいかなくとも、息子の弟さんあたりが映画で掛けたりしたら流行りそう♪
 
 
 

新着

先日の展示会で仕入れてきたフレーム達が入荷しております。
 
 
 
 
 CUTLER AND GROSS
 1270 (Gold/Black Horn 47□24) ¥45,000 (+tax)
 *12月より、¥48,000 (+tax)
 
CUTLER AND GROSS - 1270
CUTLER AND GROSS - 1270
 
CUTLER AND GROSS - 1270
 
 
 
 
 
 Frency & Mercury
 Traveler (YCH 50□22) ¥48,000 (+tax)
 
Frency & Mercury - Traveler
Frency & Mercury - Traveler
 
 
 
 
 
 Frency & Mercury
 Merry Peanuts Ⅱ (SLG/IO 48□22) ¥32,000 (+tax)
 
Frency & Mercury - Merry Peanuts Ⅱ
Frency & Mercury - Merry Peanuts Ⅱ
 
 
 
 
 
 Markus T
 T3.323 (Green 54□15) ¥50,000 (+tax)
 
Markus T - T3.323
Markus T - T3.323
 
 
 
 
上2つが新型。下2つが新色です。
ピックアップは、Frency & Mercury – Traveler。
ここ数日お客さまの様子を見てますと、サイズは男性でジャストのサイズなのですが、女性のお客さまの方が明らかに反応がいいです☆
 
 
*追記:価格改定のお知らせ
12月から、カトラーアンドグロスのフレーム・サングラスの価格が約10%ほど値上がりします。
メーカーからの通達とはいえ、誠に申し訳なく思っております。。
ここではぶっちゃけかねる内情があります。店頭では話しますよ!!><
 
 

謝意 – Trunk Show

暴風警報が出て 冷たい雨が降りしきる悪天候にもかかわらず、「 MYKITA – Trunk Show 」にお越しくださった皆さまに 改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
MYKITA - Trunk Show
 
 
MYKITA - Trunk Show
 
 
MYKITA - Trunk Show

(翌朝は好天。。)

 
 
 
これでひと段落つきました。。
先月末から準備やらプライベートのバタバタやらでblogのネタが溜まってまして。^^;
明日から一週間くらい毎日更新していくことをここにお約束します!笑
 
 

MYKITA – LESSRIM

明日のトランクショーの目玉である今期からの newコレクション、
「 MYKITA – LESSRIM(マイキータ・レスリム)」の各モデルをご紹介します。
 
 
 
 
 
 Eito (Col.122 49□20) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Eito
MYKITA - Eito
MYKITA - Eito
 
 
 
 
 Eito (Col.271 49□20) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Eito
MYKITA - Eito
 
 
 
 
 Kayo (Col.271 49□22) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Kayo
MYKITA - Kayo
 
 
 
 
 Kayo (Col.347 49□22) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Kayo
MYKITA - Kayo
 
 
 
 
 Yoko (Col.303 53□19) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Yoko
MYKITA - Yoko
 
 
 
 
 Ryo (Col.303 53□19) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Ryo
MYKITA - Ryo
 
 
 
 
 Kaito (Col.051 54□18) ¥51,000 (+tax)

MYKITA - Kaito
MYKITA - Kaito
 
 
 
 
 Nobu (Col.328 52□16) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Nobu
MYKITA - Nobu
 
 
 
 
 Masao (Col.303 54□17) ¥56,000 (+tax)

MYKITA - Masao
MYKITA - Masao
 
 
 
 
以上のモデル、正式リリースは来年1月なんです。
なので今回のモデルは全てサンプル。
メーカーの公式サイトにもまだupされていませんし、
「 MYKITA LESSRIM 」で検索してもまだほとんど情報が出てきません。
なので、”最新”という意味では今回のトランクショーかなり貴重な機会なんですよ。^^
 
 
 
おまけに、別シリーズですが是非見ていただきたいフレームを1本載せておきます。
以前「鼻あて推し」と紹介したフレームの型違いです。
型と、リムの太さと、サイズ感が実にほど良く、こちらも前回同様 クリアとゴールドの組み合わせがやっぱりオシャレなんです。
 
 
 
 Tomkin (Asia仕様 Champagne/Glossy Gold 47□21) ¥51,000 (+tax)

MYKITA - Tomkin
MYKITA - Tomkin
 
 

新着 – Lesca

フランスの Lesca(レスカ)のフレームが入ってきました。
 
 
 
 Lesca
 Colb’s (col.17 46□27) ¥35,000 (+tax)

Lesca - Colb's
Lesca - Colb's
 
 
先日の展示会で仕入れてきたフレームの第1号です。
ただ残念ながら、新作ではありません。
以前からある コルビュジエモデルの中から、私としては今回初めて目にしたカラーです。
定番の黒も在庫ありますが、最近は KARMOIE(カルモワ)同様、半透明フレームを推してます☆
 
 
 
 
加えて、細い仕様変更があります。
ケースの中地が可愛くなりました♪
「フランスっぽい」というか「パリっぽく」感じます。
Lesca - ケース
 
 
 
最後に残念なお知らせです。
Lescaのフレームが 12月から値上がりします。

 ¥35,000 → ¥37,000 (各税別)
 
昨今の円安を受けてとのことでした。
11月中は今まで通りの価格でいきますので、どうぞこの機会にご検討ください。
 
 

冬期営業

4月15日から半年間、試験的に続けてきた夏期営業を先週末で終了しました。
初めての試みでしたが、お陰さまで好調に推移したため 来年も継続しようと思っています。
 
冬期は、営業時間をやや短縮し、定休日は特に定めず、月に4日程度の休業日を設けて事前にお知らせし、ゆるっとやっていきます。
 
営業時間、営業日をご確認いただき、引き続きよろしくお願いいたします。
 
 
【冬期営業時間】
 月曜〜木曜 : 12:00 〜 19:00
 金曜・土曜 : 12:00 〜 22:00
 日曜    : 12:00 〜 18:00