春の推しフレーム Vol.1

新型コロナウイルスの影響、甚大ですね。。

2月末にミラノで開催される予定だった眼鏡の見本市も、中止 → 延期。

毎年仕入れに行っていたもので、とても残念です。
新作を楽しみにしていらっしゃった皆様にもご紹介出来ず。。
 
せめて既存のモデルからこの春にお勧めなフレームをピックアップし、ご紹介していこうと思います。
 
 
 
 
 
 propo
 Viola (Col.3/.2 49□19) ¥34,000 (+tax) Col.2 sold out
 
propo - Viola

propo - Viola

propo - Viola

propo - Viola
 
 
 
 
 
 propo
 Jill (Col.3 49□19) ¥34,000 (+tax)
 
propo - Jill

propo - Jill

propo - Jill
 
 
 
 
 
 propo
 Annie (Col.3 47□21) ¥36,000 (+tax)
 
propo - Annie

propo - Annie
 
 
 
 
 
 Eque.M
 Water Drop Ⅰ (RG 48□22) ¥46,000 (+tax) sold out
 
Eque.M - Water Drop 1

Eque.M - Water Drop 1

Eque.M - Water Drop 1
 
 
 
線が細く、色も軽めなフレームが中心ですね。
今期の大きな流れとして、
各メーカーの新作の画像を見る限り、特にヨーロッパのメーカーで丸型が減ってきたように感じます。
さすがに巷に溢れすぎた感もあってでしょうか。
替わりに、先月も取り上げましたが多角形型が各社増えてきた印象。
以前のような大きな流行りが起きるとは思いませんが、今後 雑誌などでもスタイリストさん達の使用頻度が増えていくんじゃないでしょうか。
 
 
■propo-Viola/Jill
特にマットなライトゴールドにライトグレーの組み合わせが春っぽく、いい感じ。
着色は”七宝焼き”によって。 鯖江の職人の技が光ります。
 
■Eque.M-Water Drop Ⅰ
こちらも”ソフト多角型”(勝手に呼んでますw)。
フロント部の両端(ヨロイ部)及び、ツルの先に凝った模様を施してます。
チタンにこうした打ち込み柄を付けるのは実に手の込んだ作業。
好き嫌いは分かれると思いますが、
こうした細部へのこだわりが最近の眼鏡業界の大きな流れのひとつであることは、間違いありません。
 
 

3月の営業について

コロナウイルスの影響、甚大ですね。

幸い店主自身は体調変化ありませんが、亡くなられたり苦しんでる方々が大勢いらっしゃる。
身体は健康でも、業種によっては既に経済的損害を被ってる方々もいらっしゃる。
月並みで誠に恐縮ですが、お見舞い申し上げます。
 
とはいえ、眼鏡屋もまったく他人事ではありません。
 
 
以下、現在北海道内に出ている “緊急事態宣言”を受け、
3月19日 までの暫定営業時間と休業日です。
 
 
■営業時間
 OPEN 12:00
 CLOSE 18:00
 *調整・修理のご予約は、19:00まで承ります。
 
 
■休業日
2日(月) 5日(木) 6日(金) 9日(月) 16日(月) 23日(月)
 
 
 
ひたすら収束を祈りつつ、なんとかこの急場を凌ぎます。
共に、乗り切りましょう!!

 
 

Amaury – 角型

昨日紹介した丸型に続き、角形を紹介します。
 
 
 
 
 Amaury(アモーリ)
 
 
 AHJ (Col.93 50□18) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - AHJ

Amaury - AHJ

Amaury - AHJ
 
 
 
 
 
 AEI (Col.72M 53□18) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - AEI

Amaury - AEI
 
 
 
 
 
 AHB (Col.89 48□22) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - AHB

Amaury - AHB
 
 
 
 
 
 ADA (col.20 50□22) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - ADA

Amaury - ADA
 
 
 
 
 
 AM01 (Col.6 48□22) ¥36,000 (+tax)
 
Amaury - AM01

Amaury - AM01

Amaury - AM01
 
 
 
■AHJ
オクタゴン型。(八角形)
角(かど)が丸めで全体的に柔らかい印象。
色味も柔らかいブラウンを選びました。
型のわりに、掛けてもあまり堅く見えません。
裏地に白い斑(ふ)の入った生地を重ね、薄っすら模様を出してます。
 
 
■AEI
新色です。
ベッコウ柄に深いグリーンが入って、つや消し加工が施されてます。
レンズを薄めのグラデーションカラーで入れてみました。
 
 
■AHB,ADA
Barcaの定番。
重くなりがちな四角フレームを、クリアカラーの透け感で軽く見せます。
遊び感を足すアイテムとして。
 
 
■AM01
今期追加された新色。ライトゴールド。
濃いめグレーのサングラスがお勧め。
他にピンクゴールドも在庫あり。
 
 

Amaury – 丸型

インスタグラムにて既報だったフレーム達です。
現時点では、日本国内 Barcaでのみ取り扱うフランスブランド。
詳細をお伝えします。
 
 
 
 
 Amaury(アモーリ)
 
 
 AIH (Col.93i /.17 /.01 45□18) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - AIH

Amaury - AIH
 
 
 
Amaury - AIH

Amaury - AIH
 
 
 
Amaury - AIH

Amaury - AIH
 
 
 
 
 
 AHA (Col.90 48□20) ¥34,000 (+tax)
 
Amaury - AHA

Amaury - AHA
 
 
 
 
 
 AM02 (Col.2 46□22) ¥36,000 (+tax)
 
Amaury - AM02

Amaury - AM02

Amaury - AM02
 
 
 
■AIH
新作の中で一番気に入ったモデルです。
シンプルな丸に見えて、ブリッジ上部にほんの少しアクセントを加えてます。
ブリッジ位置もやや上め。かつ狭め。
両端の2点の鋲(びょう)もほど良くアクセントに。

丸型は、僅かな違いでも掛けた印象に影響が出やすいです。
サイズも小振りで悪目立ちせず、私たちアジア人でも掛けやすいデザインに仕上がってます。
「 丸型は掛けてみたいけどちょっと。。」
と言う方にこそ試していただきたいモデルです。
 
 
■AHA
こちらはブリッジ位置がぐっと上め。
遊びが効いてます。
一見ふざけた感じに見えますが、掛けるとこれが案外ほど良くてですね。
私、わりと似合います。笑
 
 
■AM02
売り切れてたモデルの再入荷。
レンズ周りのリムが厚めなのが特徴です。
他に在庫として、ピンクゴールドとガンメタルがあります。
特にこのシルバーは、薄い色のカラーレンズとの相性良し。
 
 

MYKITA – 再入荷

売切れてたフレームが再入荷。
 
インスタグラムでは既報だった、9月にフランスで買い付けてきた新作です。
先に入荷したブラウンがすぐに売り切れてしまってたんですよね。。
 
 
 
 
 MYKITA(マイキータ)
 
 
 Bikki (Matte Brown/Mocca 47□20) ¥54,000 (+tax)
 
MYKITA - Bikki

MYKITA - Bikki
 
 
 
 
 
 Bikki (Black 47□20) ¥54,000 (+tax)
 
MYKITA - Bikki

MYKITA - Bikki
 
 
 
今期の新作の中では、Barcaイチ押しです。
今の日本人好みのクラシック感を程良く出しつつ、線が細く、やや丸めで柔らかい。
とても軽く、華奢に見えて極めて丈夫なのは、いつも通りこのメーカーの真骨頂。
アジア仕様の鼻あても テンプルと同色で仕上げられ、可愛い感じ。
 
現在、在庫2本ずつ。
ベルリンの本社では、アジア仕様はどちらも在庫切れ中とのこと。
 
 

鼻盛りにおけるフレーム素材の注意

他店で購入されたプラスチック製のメガネ・サングラスの鼻あて交換の依頼を頻繁に受けます。
ご購入に際しての注意点を以下にお伝えします。
 
 
プラスチックフレームの鼻あてを その方の鼻筋にあわせて付け替える加工を”鼻盛り”と呼びます。
同じプラスチック素材の中でも、この加工が出来ない素材があるんです。
 
 
*以下、加工不可の素材について
 
その製法から インジェクションフレーム と呼ばれる弾性の非常に強い樹脂系の素材たちです。
具体的には、
ナイロン・ポリアミド・ウルテム・TR素材 など。
 
 
 
鼻盛り - セルフレーム
 
 
写真はナイロン素材のサングラスです。
数年ぶりに加工しました。
鼻あてパーツを付け替える為に一度 元のパーツを削って接着面となる平面を作らないといけないのですが、なんせ削れない。
ゴムをヤスリで削る感じです。
一般的な アセテート素材に比べ、5倍近くの時間を要します。

加えて、接着後の強度もなかなか出ません。

特に私が加工を請負わない最大の理由は、頑張って仕上げても『仕上がりが美しくない』という点です。
この点は素材の特性上どうにも出来ません。。
 
 
技術的な話が長くなってすみません。
改めてお伝えしたいのは、
メガネ・サングラスをご購入の際 (特にネット通販等)、掛け位置調整を必要とする可能性も考慮し、その素材を確認してからご購入ください。
 
 
P.S.
試しに お近くの眼鏡店で
「インジェクションフレームの鼻盛りはやってもらえますか?」
と聞いてみてください。
日本全国で何千店と眼鏡店はありますが、請負うのは数店だと思います。